この法人は,
一般社団法人国際日本美術歴史文化研究保存協会と称する。
Ippan shadan hojin Kokusai Nihon Bijutsu Rekishi Bunka Kenkyu Hozon Kyokai


当法人は,全世界的に伝統的な日本美術、日本技術、日本の歴史に関係する文化、
知的財産を保存、普及させることを目的とする。
さらに、当法人は伝統的な日本美術、日本の技巧、日本の歴史に関連する文化的及び知的な財産の保
存、普及の為に必要な情報、教育上の支援及び伝統的な物品の提供を行う。


この法人は,前条の目的を達成する為に次の事業を行う。

* 日本の遺産とそれに関する知識を保存する事の重要性に対する啓蒙。  
* 日本の歴史と研究に関するデータベースの製作。
* ウェブサイトとその他の媒体上の記事による伝統美術の普及活動。
* 歴史的書類等のインターネット上のデータベースの作成。  
* 歴史的画像資料のインターネット上でのデータベースの作成。
* 新技術を用いた文化的及び歴史的対象物、地域に関するインターネット上のデータベースの作成。 
 
* 協力組織である伝統的日本文化と遺産についての研究者、学者への支援の提供。
* 文化的対象物の保存に関する人々、組織への支援の提供。
* 職人に仕事又は研究に関する連絡、依頼をする為の世界的なネットワーク、データベースの作成。
* 伝統的日本の技巧に関与する職人への支援の提供。
* 伝統的日本の技巧に関与する職人の姿勢、良心、誠実性の周知

* 伝統的な日本の職人とそれらの顧客との間での文化的対象物及びそれに関連する物品の国際的 な取引についての非営利での仲介
   * 文化的対象物の真正に関するコンサルティングサービスの提供。

* 絶滅危惧種を使った骨董品の販売、輸入をする際の法律上の情報の提供。
* 職人が世界中の学生、使用者、顧客に対するインターネットを通じた個別及び公開の講義 の提供をする際の支援の提供。
* 日本の歴史的対象物及び地域の保存、普及、研究のための独自の設計、物品の開発
* 当法人の目的を達成する為に必要な付帯関連する一切の事項